安心の創業88年 展示会ブース装飾.com

展示会ブース装飾ドットコム > ブログ > 事例集 > タペストリー制作を承ります

タペストリー制作を承ります

展示会の自社ブースを、タペストリーで印象的に装飾しませんか?本記事では、タペストリーを使うメリットをご説明した上で、展示会におけるタペストリーの制作事例をご紹介していきます。

タペストリーとは?まずはメリットと合わせて簡単に解説します!

タペストリーとは、壁や天井に吊るして使う装飾用の織物を指します。利用シーンとしては、飲食店や住宅のインテリアとして用いられるほか、展示会などのイベントでも多く活用されています。

そして、展示会で使われるタペストリーには、ポリエステル系繊維を合成樹脂で加工した「ターポリン」と呼ばれる布地が用いられます。この素材は、屋外でも使えるほど強度が高く安価に制作できるため、横断幕、工事現場のシート、テントなど、街中の様々なところで活用されています。

とりわけ展示会においては、大きさや形の自由度が高く鮮明な印刷が可能な点も選ばれる理由と言えるでしょう。

展示会ブース装飾.COMでの制作事例

事例1

奥の壁面に張られているシートがタペストリーに該当します。壁面を広く使って、継ぎ目なく掲示することができます。

事例2

看板として、船の帆のように吊るされてるシートがタペストリーに該当します。波打つようなカットを施すことも可能です。

事例3

黒い壁面に張られている2つのシートがタペストリーに該当します。厚みを出さずに取り付けることができます。

事例4

右手に吊り下げられているバナーと、左手の液晶モニターのバックボードに張られているシートがタペストリーに該当します。大きさによって、色々な使い方をすることができます。

事例5

右手に置かれているバナーがタペストリーに該当します。ロールアップバナーやXバナーなど、畳んで収納できる看板のシートとしても使われています。

おわりに

展示会におけるタペストリーの活用は、「強度が高いこと」、「安価に制作できること」、「デザインの自由度が高いこと」という3つが主なポイントとして挙げられます。展示会ブース装飾.COMは、タペストリー制作を含めて、お客様のブース作りをトータル的にサポート致します!